毒親に育てられた私と母親の話

毒親に育てられた私と母親の話を書いていきます。時系列はバラバラになりますが子供の頃〜18歳で家を出るまでのことが中心。たまに自身の育児関連を書いていきます☺︎

毒親に育てられた私と母親の話。【近所のおばあさんのお家①】

毒親に育てられた私と母親の話。【近所のおばさんのお家①】

f:id:dokuoyacii:20200206004731j:plain

今回は、私の唯一の逃げ場だった近所のおばあさんの話を書いていこうと思います。

 

 

学校にも家にも居場所がなかった私は、近所に住んでいたおばあさんの家に行くことがよくありました。

 

最初の頃は、そのおばあさんのことを教えてくれた幼馴染とよく行っていましたが、そのうち私一人でも行くようになりました。

 

母にはおばあさんの家に行っていることは秘密にしていて、

学校帰りや、学校から帰ったあと友達と遊ぶといいおばあさんの家に行っていました。

 

おばあさんは、私のことをとても可愛がってくれていました。

私もおばあさんのことが大好きで、おばあさんには学校のこと、家のことなどなんでも話していました。

 

学校、家に居場所がなかった私にとっておばあさんの家は

唯一の居場所となっていました。

 

一度、学校で具合が悪くなり早退をしたことがあります。

でも家に帰りたくなく、家には誰もいない、鍵を持っていると先生に嘘を言い、

家に帰ったら学校に電話をすることを条件で早退をすることにしました。

 

 私は早退し家に帰ることはなく、

 

おばあさんの家に行くことにしました。

 

おばあさんの家に着き、おばあさんの家から学校に電話をしました。

 

おばあさんの家で休んでいたら、

学校からおばあさんの家に学校から電話がかかってきました。

 

学校からだよと言われ電話を変わると、

「今どこの家にいるんだ、具合はどうかと家に電話をしたらお母さんが出て早退したことはしらない、家には帰ってきていないと言っている。」とのことでした。

 

おばあさんに、「大丈夫だから、先生に正直に話しなさい」と言われ、

電話で先生に正直にどこどこにいると話しました。

 

先生に話したあと、すぐに母に連絡がいきました。

 

どこにいるのかわかった母は、おばあさんの家まで迎えにきました。

 

私は、母が迎えに来るまでの間、怖く怖くて、泣きじゃくっていました。

おばあさんは、「大丈夫、おばさんがはなしてあげるから。」と言ってくれました。

 

 

長くなるので、

母が迎えにきた後のことはまた次回書きます。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

届いてすぐに一人で着られる!初心者OK - 浴衣専門店Dita

毒親に育てられた私と母親の話。【小4の時の担任の先生③】

毒親に育てられた私と母親の話。【小4の時の担任の先生③】

f:id:dokuoyacii:20200206004731j:plain

今回も前回の続きの小4の時の担任の話を書いていきます。

 

 

前回、髪を引っ張り引きずられわたしをどこかに連れていこうとした先生は、

「俺がおかしいとか思ってるんだろ、おかしいと思ってるなら今から校長室に言って話してこいよ。」と言われ校長室の前まで連れて行かれました。

 

校長室のドアを開けて、言おうと思ったら

校長先生はおらず、振り返ると担任はクスクス笑っていました。

 

「校長がいるところにお前を連れていくはずないだろ、バカか。」

などと言われました。

 

また髪を引っ張られ教室に連れ戻されると、

「今日のことを両親に言ったらどうなっても知らない、言うなよ」

と言われその日は帰されました。

 

いつもより帰宅時間が遅かったので

母は機嫌が悪くなっていました。

 

他にも機嫌が悪くなる原因があったらしく、

その日は、何か悪いことをしていなくても母は私に暴力をふるってきました。

 

小4の時の私は、

家にも学校にも居場所がありませんでした。

 

学校では、担任からの嫌がらせや暴力はエスカレートしていきました。

そのことはまた書いていこうと思います。

 

こんな状況なので家にも居たくない、学校にも行きたくないと

毎日思っていました。

 

一度だけ学校に行った後、具合が悪いといい早退をしたことがあります。

家には誰もいない、鍵を持っているからと嘘を保健の先生にいい、

帰宅をしたら、学校に電話をすることを条件で帰ることになりました。

 

次回はこのことを書いていきます。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

トレンドゆかたがお手頃価格でかえちゃう! - 浴衣専門店Dita

毒親に育てられた私と母親の話。【小4の時の担任の先生②】

毒親に育てられた私と母親の話。【小4の時の担任の先生②】

f:id:dokuoyacii:20200206004731j:plain

 今回は、前回の続きを書いていこうと思います。

 

 

 母を学校に呼び出された次の日、

私は普通に学校に行きましたが、その日も宿題を持っていくことができず・・・。

 

そのことを先生に伝えると、

教室にみんながいる中で髪の毛を引っ張られ教室の外に引きずり出されました。

 

先生はクラスのみんなに

「こいつ忘れ物多いのお母さんのせいにしてるんだよ」と笑いながら言いました。

 

その日からクラスに私の居場所がなくなりました。

 

机の位置も、他のみんなとは違い先生の机の真横になり、

授業も給食を食べる時も先生の真横でした。

 

私はクラスのみんなの笑い者にされ、

それは他のクラスにも知られてしまいました。

 

また別の日、

髪を引っ張られた時に私は反抗しました。

放課後残るようにと言われ、

放課後、教室に残って先生を待っていました。

 

先生が教室に来るころには、

他の児童、先生はほとんど帰っていました。

 

なにを言われるのか

わからずビクビクしていると、髪を引っ張られ教室の外に出され、

転ぼうがどんなに反抗しようが先生は気にせずそのまま私を引きずり

どこかに連れていこうとしていました。

 

他に先生も児童もいなかったので止めてくれる人はいませんでした。

 

長くなるので、また続きは次回書きます。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

ここでしか手に入らない韓国ブランドが勢ぞろい!【DAESE TOKYO】

毒親に育てられた私と母親の話。【小4の時の担任の先生①】

毒親に育てられた私と母親の話。【小4の時の担任の先生①】

f:id:dokuoyacii:20200206004731j:plain

前回は高校受験の話だったのですが、

今回は溯って、小4の時の担任について書いていこうと思います。

 

 

前にも書いたのですが、私は小4ぐらいの時に母の嫌がらせで、

宿題、ノート、教科書を破られたりしていました。

 

そのことについて、毎日のように忘れ物をしていると思われたくなくて、

一度担任に相談をしたことがあります。

 

先生に相談をしてすぐ、

「お前のお母さんがそんなことするはずないだろ、嘘をつくな。」と言われてしまいました。

 

さらに、先生は私がこういっていると母に電話をされ、

母を学校に呼び出しました。

 

その日の放課後に、母は学校にきました。

教室に入ってきた時は、普通だったのですが

母は先生に見えないように睨んできました。

あの時の表情は忘れません。

 

私が母に教科書とかを破かれるといっていたことを

母に担任が言うと、

母は、「そんなことしません、この子が自分でやったか、妹との喧嘩でやられたんだと思います。」と平気で嘘をつきました。

 

担任は母の言うことを信じ、

その日はすぐに帰れましたが、母と一緒に帰ることが恐怖でした。

 

母は帰宅途中にブツブツ何か言っていましたが、

聞き取れませんでした。

 

家に帰ると母は、

「先生にチクるなんて頭どうかしているんじゃないか。

2度と呼び出されるようなこと、余計なことを言うな。」と言われました。

 

母は、その日はあまり怒らず暴力は振るってきませんでした。

 

問題は次の日、学校での出来事でした。

 

続きは、また次回書いていこうと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

  

プチプラファッション通販【セゾンドパピヨン】

毒親に育てられた私と母親の話【高校受験②】

毒親に育てられた私と母親の話【高校受験②】

f:id:dokuoyacii:20200206004731j:plain

今回は前回の続きの高校受験の時のことを書いていこうと思います。

 

 

前回、高校説明会に行き、私立の女子校を気に入った母は、

「別に公立の前期は受けてもいいけど、 入るのは私立ね。」と言いました。

 

今は多分ないのですが私の時は、特色化と言うものがあり

部活推薦みたいなものがありました。

それを受ければ公立に入れるよと先生に言われていたのですが、

思ったよりも人数が多く残念ながら落ちてしまいました。

 

その報告を母にした時、母はとても嬉しそうでした。

後期も受ける予定でしたが、

受けることは許されず母の言いなりで私立に入ることになりました。

 

高校に入る準備をするまでの間の母は

とても機嫌が良く私に当たることはあまりありませんでした。

 

ところが、

高校のものを買い揃える時に、

機嫌の良かった母の機嫌は一気に悪くなります。

 

 

私立なので指定のものが多く、値段も安くはなかったのでそこに文句を言い始めました。

 

母が決めた高校なのに、

母は、「お前がバカで公立落ちたからこんな金がかかるんだ」と言いました。

 

私が公立落ちたのも悪いですが、

そもそもで後期は受けさせない、私立にしろといってきたのに、

全部私がバカなせいにしてきました。

 

毎日、お前のせいで生活費を抑えなきゃいけない、

高校入ったらバイトをして金を返せなどいってきました。

 

それから、高校に入るまでの間

母は毎日のようにバイトは決まったの?といってきました。

中学も卒業していないのにバイトなんてできるはずなく

毎日キレながらいってくる母の言葉に耐えるしかありませんでした。

 

母は、いつも自分の思った通りにいかなかったり、

少しでも気に入らないことがあるとすべて私のせいにしていました。

 

私も悪いな。と当時は思いましたが、

今はそんなことは思いません。

 

今は、母の言いなりになっていた私はバカだったなと思います。

 

今日はここまでにします。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 

 

→公式サイトはこちら←

毒親に育てられた私と母親の話。【高校受験①】

毒親に育てられた私と母親の話。【高校受験】

f:id:dokuoyacii:20200206004731j:plain

 今回は、高校受験の時のことをかいていこうと思います。

 

 

 

私は、中学2年の途中で入りたい高校が2つまで絞ってありました。

1番入りたい高校は、特殊な高校でいろんな学科が有りました。

圏外でしたが、その中に私が将来やりたいことに結びつく学科があったのでそこに入れるようにと頑張ろうと決めていました。

2つ目の高校は、もし1つ目も高校を受けることを反対された時にはそこを受けようと思って決めた高校です。

その高校は、家から近いため反対されることはないだろうと思いそこが良いかなと考えていました。

私立は絶対にダメだと言われていたため、私立は滑り止めでどこか受けようと考えていました。

 

中3になり、母に高校どこ受けるつもりなのかを聞かれ、

答えたら、案の定第一希望は反対されました。

「県外にお前を出したら絶対に男と遊ぶに決まっている」と言われました笑

少し変わった高校だったのも気に入らなかったようです。

反対されることはわかっていたので、そこまでのショックはありませんでした。

 

最初第2希望を言った時は、公立で家から近いので母は「そこにしなよ」と言ってくれました。

ですが、母は女子校に行って欲しかったらしく(男がいないため)、

公立で女子校を探していました。

公立で女子校となると、頭のいい高校しかなく私には無理でした。

 

 

それで、母が見つけたのが私立で私が入れそうな女子校です。

お金がないから、私立だけはダメと言っていたのにその高校だけはOKでした。

 

でも私は、第2希望だった公立に入ろうときめていたので、

その女子校はあまり興味がありませんでした。

 

女子校の説明会には一応いこうよといわれ、

滑り止めですが一応受ける高校なので説明会に行くことにしました。

 

説明会に行き、母は気に入ったらしく、もう私立でいいからここにしなよと言ってきました。

 

私は、公立を受けたいためもしダメだったらここに入るよと言いましたが、

母は、私のことなど考えておらず私立を押し付けてきました。

 

 

長くなりそうなので、一旦ここまでにします。

続きは次回書きます。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

女性らしい魅力が溢れたブランド【Lily Bputique(リリーブティック)】

 

毒親に育てられた私と母親の話。【勉強と部活】

毒親に育てられた私と母親の話。【部活】

f:id:dokuoyacii:20200206004731j:plain

今回は、中学の時の勉強と部活に対しての母について書いていこうと思います。

 

 

私は、勉強が得意ではありませんでした。

そのため、父には勉強ができない分、好きなことを頑張りなと言ってくれました。

私は、頑張れば高校を部活推薦で入れると言われていたため部活を頑張ることにしました。

 

父はそれでいいと言ってくれていたものの、

母は、勉強も部活もどっちもちゃんとやれとのことでした。

 

勉強も頑張りましたが、いつも順位は最後から数えた方が早い順位でした。

 

それを見た母は、

「今すぐ部活をやめろ。」と言いました。

いやだと言っても聞いてはくれず、学校に電話をするといい「やめさせてもらいます」と電話をしていました。

 

次の日に先生に呼び出され、

本当にやめるのかを聞かれ、やめたくないと言ったら、

母を説得してくれました。

 

なぜか母は、私がやめたいと言っていたと伝えていました。

 

家に帰ると母は、

「お前のせいで恥をかいた、恥ずかしい」とずっと言っていました。

 

いつも、お前のせいで恥をかいただなど、

私のせいにしていました。

 

部活は続けることは許されましたが、

いつも通り、部活をして帰ってくると文句を言っていました。

 

きっと勉強ができていても、

部活をして帰りが遅くなることが気に入らず文句をいって

やめさせようとしていたと思います。

 

母は基本私を褒めてくれることはなく、

部活で成果を出しても褒めることはありませんでした。

 

 

ただ、テストの点数がいつもより良かった時は

少しだけ褒めてくれました。

勉強ができる子になって欲しかったみたいです。

 

この時期は

期待通りの子供に慣れなかった。

もっと自分が勉強できれば褒められることも多かったのかな。

などとよく考えていました。

 

 

次回は、高校受験の時のことをかいていきます。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

ノロウイルス対策アマゾンNo1除菌消臭剤チャーミスト